紀伊半島に棲息しています。


by housi216
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

馬転坂は“ 大辺路刈り開き隊 ”のみなさんが整備された本来の大辺路で、私は通るのは今回初めて~
バブルの頃?造成されたまま放置されている土地があり、そのため古道は分断されてしまっていますが、自然林の中を歩ける素晴らしい道です。みなさんの力、感じます~。
 
c0024254_2183732.jpg

場違いな観音様もつっ立っていますが、ここからの眺めはいいです。
c0024254_2195721.jpg

途中和深川の集落では自動販売機はないけど、王子神社に天然の自動給水機が~
この水、美味かったなあ~
c0024254_21111526.jpg

長井坂の道はいいなあ~
c0024254_21131963.jpg

長井坂で有名なのは、『段築(だんちく)』といって、尾根の部分が土手のように盛り上がっており、赤土など柔らかい土をよそから持ってきてそこに積み上げ、両側の木から根っこを生やし、それを固めて、人馬の通行に耐えられるようなしっかりとした造りになった道です。いまでもしっかりと残っているのですから、当時の技術の高さがうかがわれます。
c0024254_2115537.jpg

c0024254_21154180.jpg

長井坂は、「大辺路は海を眺めながら~」の大辺路でも一番海を見れる場所が多い~
c0024254_21171510.jpg

c0024254_21173298.jpg

いよいよ、いっきに大辺路も終わりが近づいてきた・・・。
c0024254_21182146.jpg

見老津の急坂を走って下りた所為で、電車の時間に合わせて歩いていたのに、見老津駅での待ち時間が・・・。
c0024254_2120032.jpg

見老津駅から紀伊富田駅までわずか40分ほど・・・。
やっぱり電車は速いなあ~
[PR]
by housi216 | 2007-06-23 21:22 | お山へお散歩
安居の渡し
人々は渡し舟で日置川を渡り、仏坂(安居~周参見間)を通行していた。1954年9月までこの渡しは行き来していたそうです。江戸時代に紀州藩主や三宝院門主が大勢の随行者を連れて通る時は、日置川にある川舟を集めて横に並べ、その上に板をのせて船橋にして渡ったそうです。いなばのしろうさぎが頭に浮かんできました。( ̄∀ ̄;)
梅雨の合間というか晴れ間を選んでやってきた甲斐があった!いいお天気(^∇⌒*)

c0024254_10195079.jpg

2005年秋に半世紀ぶりに復活!!!この写真は当時写した写真。舟もピカピカに新しい~
c0024254_10231048.jpg


仏坂より日置川の河口を望む
c0024254_10253953.jpg


入谷から馬転坂までのアスファルトの道が一番しんどかった。照り返しがきつくて・・・。
途中すさみ駅前の食堂でランチタイム
c0024254_10285243.jpg
〆`(^◯^*)≪
やめられまへんな~
[PR]
by housi216 | 2007-06-23 10:29 | お山へお散歩
三ヶ川梵字塔
「梵字は古代インドの仏教と共に日本に入ってきた。サンスクリット(梵語)の文字で、仏を表すものが供養塔や卒塔婆などに見られる。この梵字塔は梵語を並べて上から順に、大日、弥陀、勢至、観音、薬師など十仏を表現している」←(案内板より)
ちなみに地名の 「三ヶ川」とは、3日に一度くらいしか水が流れないほど、水が少なかった川なので、三ヶ川とついているそうです。この日の川は美しく流れていました。
c0024254_9465737.jpg


林道沿いの林の中に、いくつかの「庚申塔」がまつられています。庚申塔はいくつもの種類があり、ここでは石製の庚申塔と「庚申」と掘り込んだ文字塔があります。
【庚申塔】
その土地(地域)に悪いもの、たとえば伝染病などが入らないように、入り口や辻におまつりしたそうです。
c0024254_1065972.jpg

この石仏、弓矢を持っている~ 珍しくないですか!?
c0024254_9572986.jpg


口ヶ谷橋を渡り対岸を迂回
c0024254_1031354.jpg

迂回路入り口
c0024254_1042955.jpg

[PR]
by housi216 | 2007-06-23 10:04 | お山へお散歩
『往古より紀南には熊野三山への参詣道として、大辺路、中辺路の二街道が開けていた。熊野大辺路とは、田辺より那智浜の宮までの海岸沿いの街道のことで、そのうち富田坂から見老津までは山中を通り、富田坂・安居坂・仏坂・馬転坂・長井坂と峻険な坂道が続き、非常な難路として有名であった。』←(案内板より)
現在の大辺路は平坦地のほとんどが国道や旧道に吸収されてしまったが、難路ゆえ、開発されることもなく残った自然林に囲まれた尾根道や往時を偲ばせる石畳道、これらの峠道は平成十六年七月七日「富田坂」「仏坂」「長井坂」として日本で十二例目、「道」としては世界で二例目の世界遺産として登録された。
イベントウォークとしては、一般的に「富田坂」「仏坂」「長井坂」をそれぞれの行程として考えるのが普通だが、紀伊富田駅からから歩いて富田坂を越え長井坂を下り見老津駅までの、この峻険な坂道を六月二十一日、いっきに踏破した。
口ヶ谷の迂回路を利用したので、距離的には四十㌔程かな。
距離だけみればそれほど困難なコースではないと思われるが、何分なまったこの身体・・・。
大丈夫か多少不安があったが、一昨年長井坂を歩いた時には、最後の見老津への下り、筋肉痛で足が痛かったのが、今回は試しに走って駆け下りたが、全然なんともない。
最近、近場の山を歩いたり、健康を意識してウォーキングも積極的にやっている。その効果が現れてきているようだ。
もう少し脚を鍛えれば、以前からやってみたいと思いながら立ち消えになっていた、「いっきに中辺路!」(滝尻~本宮大社~小雲取越え~大雲取越え~大門坂~那智駅)も夢ではないかもしれない。高野山から本宮大社までの「いっきに小辺路」も楽しそうだ~。街道マップをながめながら、あれこれと今宵の酒に夢も膨らむ今日この頃。

富田坂の入りは草堂寺の石垣を左に眺めながら~
c0024254_21182837.jpg

竹やぶの中を歩く
c0024254_21203364.jpg

七曲りの坂
c0024254_21211164.jpg

大辺路は海を眺めながら~白浜空港方面の景色が広がる
c0024254_21223266.jpg

安居辻松峠付近の地蔵尊
c0024254_2123576.jpg

富田坂を越えると山また山の風景が~
c0024254_21241739.jpg

[PR]
by housi216 | 2007-06-22 21:25 | お山へお散歩

能登へ行ってきました~

往復1300km余りのロングコース~
バスに乗ってるだけで、結構お疲れモード、って飲みすぎモードでお疲れか・・・。
輪島の朝市。輪島へ来たの30年ぶりくらい~v(^◇^)v
c0024254_20221022.jpg

c0024254_20161519.jpg

テレビのロケをやってました~
c0024254_20165417.jpg

泊まった部屋から隣の有名なホテル加賀屋を
c0024254_20174289.jpg

能登金剛
c0024254_2018854.jpg

なぎさドライブウェイ~
c0024254_20183844.jpg

c0024254_20185472.jpg
c0024254_2019578.jpg

総持寺にも地震の爪痕があちこちと~
c0024254_2020657.jpg
c0024254_20202095.jpg

[PR]
by housi216 | 2007-06-15 20:20 | 小さな旅で出逢った風景

チャドクガに・・・。

やられてしまいました・・・。(>、<)
土曜日、庭の木が隣との塀を越して伸びていたので、でかい電動バリカンみたいなので剪定をしてたら・・・。
腕にあのチャドクガの幼虫がいっぱい引っ付いていました・・・。
しまったと思ったけど、あとの祭り。
すぐに風呂に入って洗い流したつもりなのに、いっぱい湿疹が・・・。
長袖の服だったけど、合羽みたいなのを着ておくべきだった。
痒いのなんのって~
発疹は全身へ転移しております。
今日、夕方皮膚科へ行ってきました。
去年刺されて学習したはずなのに・・・。
椿と山茶花の木についているみたいです。
のみぐすりの副作用か下痢ぴっぴ・・・。(;O;)

昨日、田辺の天神崎で~
c0024254_22372888.jpg
c0024254_22375296.jpg

鳥か何かが浮いてるのかと思ったら・・・。
c0024254_22383398.jpg

スキューバーダイビングの練習みたいです。(-^〇^-)
c0024254_22402730.jpg

[PR]
by housi216 | 2007-06-11 22:41 | なんでもない日々