紀伊半島に棲息しています。


by housi216
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

みなべをぶらり~

西国三十三箇所観音霊場のひとつですー
c0024254_2131253.jpg

千里観世音の縁起
c0024254_2132324.jpg
c0024254_21325366.jpg
c0024254_21331378.jpg
c0024254_21332352.jpg

ここ千里の浜は熊野古道の中でも、唯一浜を歩く古道です
c0024254_21342856.jpg
c0024254_21343735.jpg

c0024254_2272263.jpg

c0024254_213453100.jpg
c0024254_2135479.jpg

ウミガメが産卵に来ることでも有名~
c0024254_91260.jpg

c0024254_2136382.jpg

梅観音~
c0024254_21362842.jpg
c0024254_21363885.jpg

[PR]
# by housi216 | 2013-01-31 21:36 | なんでもない日々

さらし首層

串本には、通称「さらし首層」という恐ろしげな名前の 地層があるそうな・・・。
地層学的には結構有名らしいが、私は不勉強にして知らなかった。
http://www.bun-ichi.co.jp/tabid/57/pdid/978-4-8299-8800-8/Default.aspx
そこで、訪れることに~
知らぬことは恥ではない!!!
c0024254_22241516.jpg
c0024254_22245138.jpg

c0024254_22255166.jpg

国道42号線を走っていたら、美しい海岸線を楽しめる~
南紀すさみの恋人岬と黒島の海峡の夫婦波。東西から打ち寄せる波は互いにぶつかり合います。家庭ではよくある話ですが、自然の風景では珍しい!?昨日のぶつかり合いは小さなものでしたが・・・。
c0024254_22271428.jpg

車で走っていて、面白そうな情景があれば車を停めて、パシャリ~
c0024254_22291831.jpg

c0024254_2230735.jpg

地元の人間には何をいまさらと言われそうな、本州最南端串本の橋杭岩。
弘法大師と天の邪鬼とが一晩で大島まで橋を架ける競争をしたが、負けそうになった天邪鬼が鶏の鳴きまねをして夜が明けたと思わせたため、弘法大師が作業を止め、橋を完成させることなく杭だけで終わったという伝説は有名です。
c0024254_22311653.jpg

c0024254_22313110.jpg

那智では桜が咲いていました~
c0024254_22352349.jpg
c0024254_22353440.jpg

那智の滝も復興中です~
烏帽子は行けるのかなあ・・・。
まあ、道は一つではないのですから~
c0024254_22365745.jpg
c0024254_2237969.jpg

[PR]
# by housi216 | 2013-01-27 22:38 | 海が見える風景

ぶらり滝を~

国道311号線を走っていると、真新しい滝の標示が・・・。
c0024254_2332199.jpg

ちょっと立ち寄ることに~
c0024254_2332543.jpg
c0024254_2333427.jpg

この日は、以前写しに来てカメラの電池切れで満足にシャッターを切れなかった、平治滝を撮りたいと思っていたのだが、災害復旧工事のため通行止め・・・。
c0024254_23354576.jpg

急遽、鼻白滝へ~
c0024254_23365688.jpg
c0024254_23371048.jpg
c0024254_23372758.jpg
c0024254_23374641.jpg

c0024254_054041.jpg

c0024254_23382966.jpg

まるで絵を眺めているような~
c0024254_23392586.jpg
c0024254_23393886.jpg

名も無き滝かな・・・。
c0024254_2340923.jpg
c0024254_23402171.jpg

[PR]
# by housi216 | 2013-01-25 23:41 | 滝・渓谷

カモメが翔んだ日~♪

♪人はどうして哀しくなると
海をみつめに来るのでしょうか~♪♪
c0024254_214133.jpg

c0024254_2141721.jpg
c0024254_2142890.jpg
c0024254_2143884.jpg
c0024254_2144855.jpg

[PR]
# by housi216 | 2013-01-24 21:05 |

分領山

1月19日(土)
正月明けの快晴の日、郵便橋で信号待ちをしていて、そういえば10年ほど前に分領の滝を見に行って、ついでに分領山へも登ったが、双耳峰の山のどっちだったっけ?
なんて、いまさらな事を考えていたのでした・・・。
c0024254_22224442.jpg

おっぱい山なんていう別名もあるそうで、にゃらばどっちも登ってみようと思い、出かけてきました。
きれいな石垣が残る植林の中を歩きます
c0024254_22265219.jpg

c0024254_2227317.jpg

c0024254_22275570.jpg
c0024254_22281042.jpg

大きな岩が現れました。
これが袈裟掛岩っていうのかな!?
分領の滝はこの大岩の右手です。
c0024254_22293426.jpg

今の時季、水量は少なめ・・・。
c0024254_22302859.jpg

しかし、凍ってるのが残っている~
c0024254_22312665.jpg

これは、ウヒョー!(雨氷)
c0024254_22321042.jpg

前に来た時は、滝に向かって左側を登ったので、今回は右側を行くか!
夕べ地図をコピーして持ってきたので、確認しようと思ったら、ザックに入っていない・・・。
何たることをサンタルチア・・・。
マップケースまで引っ張り出してきて、入れたのに・・・。
朝、ザックの中に入れるの忘れたんだ。
まあ、滝の右側へ行き、尾根筋まで行って、尾根を登れば分領山東へ行けるはずだ。
行って見よう~
c0024254_22381569.jpg

尾根道もいい感じ~
久木の山を駆け巡っていた頃を思い出すな・・・。
c0024254_22393570.jpg

歩いている時は、どこが分領山東か、はっきり分らなかったけど、何度も稜線を行ったりきたりしたから、4~5回は踏んでいる筈。強引に分領山西へ行こうと植林の中を下ったりしてみたが、羊歯とか多くなり引き返したり・・・。
そうこうしていると四等三角点があった。
c0024254_22424777.jpg

この稜線から見た山波~
c0024254_22472717.jpg
c0024254_22473962.jpg
c0024254_22475076.jpg

パノラマで撮ったけど、伐採後が痛々しい・・・。
c0024254_17293772.jpg

水溜りは凍ってる。
c0024254_22484134.jpg

分領山西の大師堂にたどり着く~
c0024254_22494481.jpg
c0024254_22495418.jpg

ここから、富田川や白浜の海がきれいに見える~
c0024254_22505580.jpg

ここから下って分領の滝を経て出発点まで戻ることにする。
c0024254_22522212.jpg

c0024254_22524324.jpg

簡単に行けるはずだったが、滝の処を反対側に進んでしまった・・・。
この道標を見過ごしてしまっていたのだ。
というか、見える前に道らしい道を進んだのか・・・。
c0024254_2256346.jpg


コンサイス日本山名辞典(第1刷初版)では分領山(ぶんりょうざん)高680mとなっている。
西のことなのか。東は686mだが、あまり訪れる人はいないようだ・・・。
[PR]
# by housi216 | 2013-01-20 22:57 | お山へお散歩